リサイクル(再生)トナーの勧め

リサイクル(再生)トナーとは、いわゆる使用済みとなったトナーカートリッジを部品交換などにより再利用可能とした再生品のことでございます。

身近なものですとリサイクルPPC用紙かなと思います。新品のコピー用紙と比べると、色が茶褐色でありざらついているようにも感じます。
その他にも、実はリサイクルペーパー使用のコピー機やレーザプリンタには紙粉がたまりやすいのです。いわゆる通常の用紙に比べ、リサイクルペーパーは紙粉が出やすいのです。だから、カラー印刷や両面印刷に適していないのです。

それでもリサイクルPPC用紙の消費量は年々増えております。
これには、環境意識の高まりもあり、官公庁で推奨されていることも一因ではあると思われます。
環境意識の高まりや推奨品であることも大切ですが、当店ではリサイクルトナーとはどのような商品なのであるかという商品知識をユーザ様に持っていただくことが一番重要なことではないかと考えます。

お客様のレーザプリンタ(ページプリンタ)ご使用状況はどんな状況でしょうか?
仮に社内用資料の印刷ばかりだとします。そうだとすると印刷に対するクオリティはどこまで必要でしょうか?
印刷のクオリティと申しましても、誰もがこれはリサイクルトナーで印刷したものだ、これは純正トナーだと区別できるような差は、現在ではございません。

しかも、リサイクルトナーはメーカー純正品の
最大88%OFFの価格で購入できるのです。
純正品1本の価格で5〜6本になるのです。

使い方次第では、かなりのコスト削減が可能となりますし、
再利用による循環型社会への貢献にもなります。
まずは当店のリサイクルトナーを使ってみてください。

社会のお役に立てるようリサイクルトナーは微力ながら貢献していると思っております。